« 麒麟の翼 日帰りの旅 その2 | トップページ | 新城 プチトリップ »

2013年1月12日 (土)

働く自転車

先日の築地には、こんな自転車がまだまだ現役で働いていました。

20130112_01


まず、目を引くのはブレーキレバー。ロッド式と言われるブレーキで現在はすべて生産終了らしいです。

20130112_07


そのロッド式のブレーキ。リムの内側にシューを押し当てるブレーキです。それと、フェンダーの前にエンブレムが付いていたような跡があります。

20130112_06


それと、分からないのがこのフロントハブからハンドル付近まで伸びているもの。

20130112_02


ハンドルの所にはスプリングがあり、これがどんな役目なのか分かりません。もしかしてサスペンション?でもサスペンション的なリンク部分がありません。ハンドルが上下に動く?でもロッド式のブレーキだから出来ないはず・・・分かりません。

それとライトの取り付け部分のベロみたいな所、懐かしいですね。昔は全部こんなになっていました。

20130112_05


サドルは、レザーのスプリング式。年季が入っています。

20130112_04


ペダルはなんと三ヶ島製。

20130112_03

この自転車上の写真にありますが、「山口自転車株式会社」製らしいです。この山口自転車は一時はオートバイも作っていたらしいですが、残念ながら1963年に倒産してしまったらしいです。ということは最低でも49年前の自転車?

さすが昔の自転車は違います。今の自転車、特にママチャリは使い捨てみたいなところがありますが、やっぱりいい物は長持ちするんですね。

50年位前の自転車がまだまだ現役で頑張っています。私も頑張らねばって思います。

|

« 麒麟の翼 日帰りの旅 その2 | トップページ | 新城 プチトリップ »

自転車」カテゴリの記事

コメント

フロントのバネ、見た記憶があります。もしかして、当時のハーレーなんかがあんなフロントフォークで、デザイン的に真似をしたのかも、なんて想像してみました。食事の出前などの軽いものを載せるステーがつけられるとか・・・。それと、ロッド式のブレーキですが、たぶん今でも、全国の郵便配達の自転車には付いているのではないでしょうか。これから年末にアルバイトの人が使う自転車です。

投稿: 海の香 | 2013年12月 3日 (火) 09時38分

海の香さん、こんにちは。
そう言われるとフロントのバネはやはり何かを取り付ける物なんでしょうね。
郵便配達の自転車はロッド式のブレーキなんですね。もうすぐお正月ですので、じっくり見てみたいです・・・昔、小学校の自転車試験の当日に、このロッドブレーキのロッドが折れて、ブレーキの試験の時に片手ブレーキって先生に言われたのを思い出しました。(昔は小学校で自転車免許証っていうのがあったんです。)

ではまた。

投稿: 素人自転車店 | 2013年12月 3日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571951/56526483

この記事へのトラックバック一覧です: 働く自転車:

« 麒麟の翼 日帰りの旅 その2 | トップページ | 新城 プチトリップ »