« 天竜浜名湖鉄道 ぶらり駅の旅 その3 都田-新所原 | トップページ | パナモリ号 ブレーキ交換 »

2012年10月14日 (日)

シートチュ-ブリーマー

先日初めて、Wiggleでお買い物をしました。

それが、これ

20121014_01

シートチューブリーマーとハンドル。

なぜこんな物を買ったかといいますと・・・

■アラヤ号のシートポストが硬く、なおかつ固定も弱くかなりきつく締めないと動いてしまう。

■先日組んで貰った、パナモリ号のシートポストが目茶苦茶硬い。

アヤラ号はシートポストは、ほとんどいじらないので問題が無いいえば無いのですが、シートポストがスムーズに動かないと気分が悪いです。

パナモリ号は硬いというより入らない。そこでシートチューブにリーマーを掛けて貰おうかと色々調べると、お願いするより工具を買ってしまった方が安いことに気づき、こんなマニアックな工具を今回購入しちゃいました。

ちなみにパナモリ号はこれ

20121014_07



早速加工ですが、まずはリーマーをハンドルにセットします。

20121014_02


先にアラヤ号から。切削オイルを吹き付け、シートチューブに入れてぐりぐりします。
あっ、その前に切りくずが下に落ちてもいいように、BBを取り外しておきます。

20121014_03


少しだけ削れた感触があります。リーマーには少し切りくずが付いています。

20121014_04


次は、問題のパナモリ号。

何が問題というと、最初27.0mmのシートポストが付いているのですが、これがホントに硬く、グリスを塗っても少ししか入りません。シートチューブを覗くと、塗料がしっかりこってり付いています。
この塗料を削ってしまえば入りそうですが、シートポストには、27.0mmと27.2mmの2種類の規格があり、はたしてこのパナモリ号は27.0mmでいいのかわかりません。

シートチューブの塗料の乗っていない少し奥の内径を測るとどうも27.2mmらしいのです。そして、今回購入したリーマーは27.2mm。というか27.0mmは欠品中で27.2mmしかありませんでした。そして、アラヤ号も27.2mmなので27.2mm一つで両方いけるだろうという目論見です。

20121014_05


こちらもBBを取り外して、たっぷり切削オイルを塗ってグリグリ・・・ざくざく???

20121014_06

すると、こんなに切りくずが・・・!

それでも少し奥まで削っていくと、ハンドルは軽くなりやっぱり27.2mmだったと一安心。これでシートポストはスムーズに入るようになり気持ちよく乗れます。




しかし、後で気付いたのですがクロモリってバテット加工がしてあります。なのでリーマーが奥まで行くと軽くなったのかなって???

もしかして、27.0mmのフレームに27.2mmのリーマーを・・・やっちまったか!



|

« 天竜浜名湖鉄道 ぶらり駅の旅 その3 都田-新所原 | トップページ | パナモリ号 ブレーキ交換 »

工具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571951/55889135

この記事へのトラックバック一覧です: シートチュ-ブリーマー:

« 天竜浜名湖鉄道 ぶらり駅の旅 その3 都田-新所原 | トップページ | パナモリ号 ブレーキ交換 »