« 前輪回転防止装置 | トップページ | テスタッチ エイドアーム »

2012年4月30日 (月)

妄想から実現!アラヤ号STI!

妄想から実現です。アラヤ号のSTI。

20120430_11

以前のブログ、妄想。アラヤ号のSTI化をそのまま発注してしまいまして、商品が到着したので早速取付となりました。

まずは、古いバーテープを剥がして・・・

20120430_12

しかし、両面テープが残りバーテープのウレタンもくっついていてご覧の状態。仕方がないのでパーツクリーナーを吹いて、指でゴシゴシして取りました。

これでは大変なので、左のハンドルはドライヤーで暖めながら取ると・・・

20120430_13

この通り、きれいに剥がれます。横着せずに最初からこうすれば良かったです。


Wレバーを取り外し、アウターストッパーを取り付けます。

20120430_18

作業を始める前に、ケーブルの取り回しに困らないように、しっかり写真を撮っておいたのですが、ブレーキはテスタッチのエイドアームを取り付けたので参考にならず。シフトケーブルもWレバーからSTIなのでこれまた参考にならず。あれやこれやでなんとか収まりテープで固定。

20120430_14

写真で、アウターを止めているテープは、R/C(ラジコン)などで使われるグラス繊維の入っているテープ。ビニールテープと違って伸びないため使ってみました。

20120430_15

次は、バーテープですがこんなものを付けてみました。

20120430_16


フィジークのバーゲル。これは医療用分野でも使用されているSelle Royal社のTECHNO GELを使用したハンドルバー用GELパッドで手にくる衝撃を緩和してくれるというもの。効果のほどはわかりませんが、こういうのが好きなんです。

20120430_17


バーテープもフィジーク。色は元の色に近いハニーブラウン。この色のバーテープが良くて探したのですが、本革製のものは結構あるのですが通常のバーテープがなかなかありませんでした。

20120430_20


バーテープ巻きも何とか終了。見てくれの悪いのは初めてですから・・・

20120430_19


テスタッチのエイドアームも、リクセンカウルのアタッチメントのおかげで丁度良く収まります。

20120430_21

朝から作業を始めたので午前中には作業も終わり、午後から試走をかねて出かけようかと思っていたのですが、思いの外手間取り終了したのは午後3時。

5時頃には雨が降ってきそうなので、とりあえず近場を試走。

STI初体験ですが、やはりいいです。ブレーキを掛けながら変速できるので交差点なんかでは安心です。
ただ変速レバーの短い方(フロントのインナーにするレバー、リヤのトップ側にするレバー)の遊びが大きいような気がします。レバーかなり倒さないとカチッとなりません。
これにはなにか理由があるのだとは思いますが、BD-1のXTなんかは遊びがほとんど無く、レバーを押す(引く)とすぐにカチッとラッチェット感があり変速出来ますので、これを思うとこの遊びが気になってしまします。

まだ慣れないので、頭で考えてから変速する状態ですが、その内慣れるでしょう。不思議なものでSTIにして走っているとスポルティフではなくロードバイクに乗っている気がしてきて次は、ケイデンス、心拍計の付いたサイコンが欲しくなってきてしまいます。



そういえば、STIってシマノ・トータル・インテグレーションの意味らしいですね。説明書に書いてありました。

|

« 前輪回転防止装置 | トップページ | テスタッチ エイドアーム »

アラヤ スポルティーフ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車パーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ちょっと、気になったのですが、バーテープのまき方、いろいろ流儀はあると思うのですが、バーエンドからまき始めてステム側でテープで留めるのが一般的な気がします、、

折角のカスタマイズにケチつけちゃってすみません。

投稿: t.shige | 2012年5月 2日 (水) 10時38分

t.shigeさん、コメントありがとうございます。

やっぱりばれましたか。実は購入した時からこの方向で巻いてありました。今回初めて巻くにあたって迷ったんですが、ステム付近を握ることが多いのでそこにテープがない方がいいだろうと思いこの向きにしてみました。
バーエンドにテープが巻いてあるのは、バーテープがうまくハンドルの内側に入らずバーエンドキャップ(一方はバックミラーですが)がこれまたうまく付かなかったのでテープで止めちゃいました。

バーテープはいつかまた換えるのでとりあえず、まっいいかって思っておりますが、やっぱりかっこ悪いでしょうか。

投稿: 素人自転車店 | 2012年5月 2日 (水) 12時39分

深夜に自転車雑誌を眺めていて、それからアラヤを検索。そこから、このHPを発見しました。
同じ改造を夢見ていたので、参考になります。
質問なのですが、ブレーキの補助レバーのワイヤ取り回しってどのようになっているのでしょうか。紹介していただけるとありがたいです。
私は五十代のメタボ気味体型。地域のサイクリングクラブに入っています。先日は今治からしまなみ海道を走るイベントに行ってきました。走る予定で「行ってきた」のですが、私は雨に負けて「応援」側に回って会場で飲み食いをしていただけですか。
これからも楽しみに拝見します。

投稿: 海の香 | 2013年11月10日 (日) 03時44分

海の香さん。はじめまして。

コメントありがとうございます。またご返事が遅くなりまして申し訳ありません。最近ブログをさぼっていまして・・・

で、補助ブレークですが、簡単に言いますとブレーキレバーからブレーキに繋がっているワイヤーのアウターの間に補助ブレーキがついている感じです。中のワイヤーは1本でブレーキまで繋がっています。アウターは2本に分かれていてその間に補助ブレーキがついています。通常のブレーキレバーを握ると普通にインナーワイヤーが引かれてブレーキが掛かります。補助ブレーキを握ると2本のアウターのうちブレーキ側のアウターが押されてます。そうすると相対的にインナーワイヤーが引かれた状態になりブレーキが掛かります。・・・と言葉では分かりずらいので近々写真をアップします。

同じ五十代ですね。私はメタボ気味でなくメタボですが・・・。
コメントを貰うと元気がでます、では、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 素人自転車店 | 2013年11月15日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571951/54596903

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想から実現!アラヤ号STI!:

« 前輪回転防止装置 | トップページ | テスタッチ エイドアーム »