« 壺屋のうどん | トップページ | モンベル ツーリングフロントバッグ »

2012年1月29日 (日)

ぶらり 飯田線駅の旅

今日の日曜日は午前中だけポタリングです。

毎回同じ道を通るとやっぱり飽きてきます。そしてこの寒波でどうしても出かけるのが億劫になってきてしまします。

そこで今回はテーマを決めてポタリングをすることにしました。そして今回のテーマは、タイトルにもある「ぶらり 飯田線駅の旅」です・・・と言っても豊川駅から順番に駅を訪れて行くだけのことです。今日は上り方面の豊橋へ向かいます。

まずは、地元豊川駅。

20120129_01

飯田線は愛知県の豊橋から長野県の辰野までのローカル線で、秘境駅でも有名です。ここ豊川は、もちろん豊川稲荷が有名です。来年はB-1グランプリも行われるみていで、いなり寿司で頑張っています。


次は牛久保駅。今川義元の胴塚のある大聖寺があります。

20120129_02


その次は、小坂井駅。ちょうど電車が入ってきました。

20120129_03


下地駅。豊川(市の「とよかわ」でなく河川の「とよがわ」です)のほとりにある無人駅で、入り口はこんな感じで、ちょっとわかりづらいです。ひとつ前の小坂井駅から豊橋まではこの飯田線と名鉄が同じ線路を走っています。もちろん名鉄はこの駅には止まりません。

20120129_04


豊橋のひとつ手前の、船町駅。駅舎の奥に見えるのがホームです。手前の線路はかつて貨物の引き込み線があったみていですが、今は使われていないみたいです。

20120129_05


そして飯田線の始発駅、豊橋駅です。豊橋は奥三河の中心の街で、手筒花火、ちくわで有名です。

20120129_06

時間がまだあったので東海道線の下りに乗り換えて・・・


西小坂井駅。

20120129_07

そして、愛知御津駅。

20120129_08

今日は、ここまでとし自宅に向かいます。次はこの愛知御津駅からスタートしようかと思います。

「ぶらり 飯田線駅の旅」です。旅と言えばお土産がつきものです。そこで

20120129_09

豊橋(市の「とよはし」ではなく橋梁の「とよばし」)のたもとにある「ういろう餅昌」さんのういろうです。100年前から変わらぬ製法でつくられているういろうです。伺ったときもお店の奥には湯気の立ち上るできたてのういろうがありました。

20120129_10

黒と白を一本づつ購入。ちょっと堅めのういろうでとっても美味しいです。ういろうは私の大好物なんです。


街をふらふら行くのが好きで、細い路地を通ったり、写真を撮ったり、あちこち見たりしていっこうに距離が伸びないのが欠点ですがとても楽しいポタリングでした。



|

« 壺屋のうどん | トップページ | モンベル ツーリングフロントバッグ »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571951/53853326

この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり 飯田線駅の旅:

« 壺屋のうどん | トップページ | モンベル ツーリングフロントバッグ »