« ぶらり 飯田線駅の旅 | トップページ | 大寒波ジテ通とBD-1 »

2012年1月29日 (日)

モンベル ツーリングフロントバッグ

また買ってしまいました・・・か・ば・ん!

今度は、モンベルのツーリングフロントバッグ。

20120129_11

このバッグはこのフロントバッグフレーム(別売りです)が必要です。

20120129_12

バッグサイドに通して使います。フロントバッグがこのフレームで吊り下げられた状態になります。

20120129_13

自転車にはモンベルのフロントバッグマウントが必要ですが、リクセンカウルのフロントアタッチメントとほぼ同じなのですでにリクセンカウルのフロントアタッチメントが付いているアラヤ号には必要ありません。

20120129_14

しかし、実際に取り付けるとガタがあります。ガタを取るためにフレームに熱収縮チューブを被せて太くします。フレームの径が7.5mmなので8mmと10mmのチューブを用意しました。

20120129_15

まずアタッチメントの下側になるフレーム中央に付けます。フレームはいろいろと曲がっているのでチューブを通して行くのが大変です。最初通しやすい10mmを被せたのですが、収縮させると太くなりすぎロックが効きません。8mmを何とか通してみるとちょうどよい太さになりました。

20120129_16

アタッチメントの上側は、1重ですとまだガタがあるので10mmの2重にしたらちょうど良くなりました。

20120129_17

チューブを被せて取り付けるとこんな感じです。あっ、自転車はBD-1ですが・・・。

20120129_18

なぜこのモンベルのツーリングフロントバッグにしたかと言いますと

◎リクセンカウルより下側に付くのでフロントキャリアにほぼくっつきます。

◎色がフレームに合っています。

◎モンベルが好き。

◎単なるバッグ好き。

20120129_19

いままでのリクセンカウルはキャリアとの隙間があります。


早速付けてポタリングをしたのですが、気になるところもあります。

×本体のフタが、がばっと開かない。

×フタに縁がついているのでファスナーの開け閉めがやりずらい。

×衝撃パットが付いていますが、底のない筒状なので形が崩れやすい。(中にたくさん荷物が入っていれば問題ないのですが)


と、いろいろありますが概ね満足です。しばらく使って行きます。

|

« ぶらり 飯田線駅の旅 | トップページ | 大寒波ジテ通とBD-1 »

自転車」カテゴリの記事

自転車グッズ」カテゴリの記事

コメント

このフロントバッグについての情報を探していました。
見やすい画像と読み易い文章で取り付け方がよく分かりました。
とても参考になり、素晴らしい記事に感謝しています。

投稿: PONPOCO | 2013年9月 6日 (金) 14時30分

PONPOCO さん。こんにちは。

出張中でしたので返信が遅くなってしましました。申し訳ありません。
こんなブログですが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。記事中にあります収縮チューブですが、耐久性を気にしていたのですが、現在も問題なく使っています。

これからもよろしくお願い致します。

投稿: 素人自転車店 | 2013年9月 8日 (日) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571951/53853615

この記事へのトラックバック一覧です: モンベル ツーリングフロントバッグ:

« ぶらり 飯田線駅の旅 | トップページ | 大寒波ジテ通とBD-1 »